【特集】仙台・住みたい街ランキングで初のTOP10入り!
富沢エリアが人気の理由と新築マンション「杜王ビル」の魅力に迫る!

地下鉄南北線の始発駅「富沢駅」。
2018年SUUMO住みたい街ランキング(仙台版)では、富沢が初めてTOP10入りするなど、近年人気を集めている街です。

一方で、住宅街としてのイメージも強く、「あすとがある長町、モールがある長町南には訪れたことがあるけど、富沢には行ったことがない・・・」という方も多いのではないでしょうか。そんな富沢のことをまだ詳しく知らない方でも大丈夫!

今回は、魅力あふれる富沢エリアに竣工したオール電化新築マンション「杜王ビル」、そして再開発が進む「富沢アクロスプラザ」の魅力をご紹介します!



富沢駅からのアクセス 街歩きをしながら、物件までの道のりをご案内します!

南北線の始発駅「富沢駅」。
広々としたロータリーがあり、バスターミナルも隣接する交通の拠点です。最近、南北線の乗降客数は増加傾向ですが、始発駅なので、必ず座れるのは富沢暮らしを選ぶ大きなメリットのひとつ。

富沢駅すぐそばには、イオンタウン仙台富沢があります。

駅近にイオンがあるのはやはり便利ですね。駅からの帰り道で日常で必要なものはすべてここで買いそろえることが可能。

イオンタウンの向かいには、スイーツで有名な「シャトレーゼ」もあります。ちょっとした手土産やケーキを買うにはぴったりのお店。

富沢駅から杜王ビルまでは徒歩14分。徒歩の場合、少し距離があるのは事実ですが、コープなどスーパーも途中にあるので、途中で買い物できるというメリットもあります。

今や「スーパー以上に便利」といっても過言ではない、品そろえ豊富なドラッグストア・マツモトキヨシも帰り道に立ち寄れます。

富沢エリアの魅力の一つは区画整理がされていて、歩道はとても広いこと。元気いっぱいな小さなお子さんがいらっしゃる方でも安心して出かけられます。そして、セブン・イレブンまで歩いて3分、ミニストップはなんと徒歩1分!

そして・・・便利なお店が揃った道路沿いを抜け、一本細い道に入ると、目に入るのが「杜王ビル」。今回ご紹介するオール電化新築マンションです。

「杜王ビル」からすぐそば!再開発が進む「富沢アクロスプラザ」の魅力とは?

「杜王ビル」から歩いて5分、再開発が急ピッチで進むのは「富沢アクロスプラザ」です。
ただ、富沢=住宅地とのイメージも強く、まだ仙台市民の方でもこの街の魅力を知らない方もいるはず。
今回はそんな「富沢アクロスプラザ」の魅力をご紹介します。

「富沢アクロスプラザ」においてテナントの核となっているのが、「蔦屋書店」と「タリーズ」です。多賀城にも蔦屋書店がありますが、コーヒーを飲みながら本を読めるのが話題の書店です。

コーヒー片手に読書ができるというオシャレなスポット。仙台市内にTSUTAYAは10以上ありますが、コーヒーショップとコラボしたTSUTAYAは、まだ3つしかありません。そのうちの1つがここにあります。

蔵書数も多い店舗なので、休日にもぴったり。家から歩ける範囲でこんな本屋がある生活、魅力的ではないでしょうか。

その他、アクロスプラザ内にはヨークベニマルもあります。21時半まで営業しているが嬉しいポイント。

そして、「こんなところに・・・!」と驚く方も多いのが三越。ちょっとした贈り物を買いたいときに、モールや仙台駅付近まで出なくても良いのは大きな魅力といえるでしょう。

そして、忘れてはいけないのが2018年夏にオープンしたフルーツショップ「aoki」と併設されたカフェ「fruits peaks」です。

店内には、新鮮なフルーツが所せましと並べられています。

全国から集まっているフルーツは、どれも本当においしそうです!

隣接するカフェ「fruits peaks」も、素敵な空間で、平日週末問わず、多くの方でにぎわっています。

果物店との併設だからこそ提供できるフルーツ×スイーツの組み合わせは本当に絶品です。「このお店が通うために、富沢に住みたい!」と引っ越してきた方もいるとか。ぜひ、まずは次の休みに足を運んでみてください。



さて、ここまで富沢エリアの街情報と、新築マンション「杜王ビル」についてご紹介してきました。
富沢エリアでは今回ご紹介した以外の地区で再開発が予定されており、まだまだ大きく飛躍する余地のある街といえるでしょう。

「必ず座れる始発駅」「開放感あふれる街並み」「充実のショッピング施設」

すべてが揃う富沢エリアでの新生活を考えている方は、ぜひ「杜王ビル」での暮らしを考えてみてはいかがでしょうか。

詳細物件は、杜王ビルで確認下さい!
自信を持った内装や設備でご期待を裏切らない賃貸物件をご紹介させていただきます


お問い合わせ